【ブログ】夏の終わりに | 永和住宅株式会社

【ブログ】夏の終わりに

こんにちは。
社長の天谷 大門です。

今年の夏は猛暑を通り過ぎ、豪暑に近い夏でした。コロナウィルスの影響で中3の娘の修学旅行も県内1泊2日という日程になってしまいました。地元の幼稚園から一緒の友達とも、高校に行けば別れることになりますし、みんなといい思い出をたくさん作って欲しいです。

さて、近年、気候変化の影響でしょうか?地震のみならず、台風、水害、風害等が当たり前になってきています。福井も先日、震度5弱の地震。対岸の火事ではないような気がします。そこで、我々建築、特に住宅をメインに生業にしていますが、災害を受けた方々へ木造で仮設住宅を提供できないか?と考えています。確かに、災害発生時、緊急を要する仮設住宅はプレハブ等で早く住民の生活を確保してあげなければなりませんが、その後は「和み」「団欒」などを被災者は求めていると思います。例えば、福井の寒い冬に「プレハブ住宅で過ごすのは大変やろうなぁ?」とか、「自分がプレハブ住宅に何か月もいれるかなぁ?」とかいろいろ考えてしまいます。木造住宅を生業としている仲間と、福井県、職人さん組合と協力しながら少しづつ動いています。

私事になりますが、お盆前に「ぎっくり腰」をやってしまいまして、「良くなったかな?」と思って、9月末に開催される「福井県アマチュアゴルフ選手権予選会」に向けて練習をしています。だいぶ調子は上向いてきましたが、13日に第2波ともいえる再発をしてしまいました。30日の予選会に向けて一から治療です(TT)。まずは腹筋、背筋、ダイエットと療法士に言われました。なんとか今年も本選に出たいので無理せず調整したいと思います。

永和住宅 社長 天谷 大門

LINE
LINE
イベント
LINE
展示
LINE
pagetop