【ブログ】気になっていること… | 永和住宅株式会社

【ブログ】気になっていること…

こんにちは、設計部の笠原と申します。

私は日々、住宅の新築・リフォームの設計に従事しております。
明治・大正・昭和初期の建物が好きで、長年にわたり明治村・昭和村・神戸異人館・改修される前の東京駅など、それ以外にも県内に残る歴史的建造物を見学してきました。
実際に見るとそこには西洋に負けまい、と懸命に洋風建築に取り組んでいた職人の気概と当時の息吹があります。

近頃、いろんな情報番組で新しい建築物などの紹介をしていることがありますが、中には歴史的建造物のリノベーションされたものや、ヘリテージされた建物もあります。

そこで今、気になっている施設があります。

それは、京都の清水寺近くにある、元は明治2年に開校し昭和8年に移転新築された、旧清水小学校の校舎を活用して建てられたホテル『ザ・ホテル清龍 京都清水』です。

開業:2020年3月22日
基本設計:株式会社 東急設計コンサルタント
設計・施工:大林組
内装:株式会社乃村工藝社A.N.D

長年、地域に愛されてきた小学校の歴史・文化を継承し、新しくホテルとして構造躯体の補強や付属施設を追加し、地域とつながりを持ったヘリテージホテル*になっています。

*ヘリテージ … 代々承継してゆくべきもの

もともと教室であった空間を客室としているところや、階段の手すりに残る彫刻刀のいたずら書きをあえて残すデザイン。小学校の外壁を内装の壁として演出する手法など、興味をそそられるところが満載の建物に思えました。

今はコロナの影響で訪れることが難しいですが、落ち着いたら一泊して、久々に京都旅行に行こうと思っています。

興味がある方は下記のホームページまで。
NTT都市開発様HP ニュースリリース(2019年12月20日号)
ザ・ホテル青龍 京都清水様 公式HP

設計部 笠原

LINE
LINE
イベント
LINE
展示
LINE
pagetop