永和住宅株式会社

メニュー

伝統在来工法

禅の里・永平寺に育まれた永和住宅は、生まれながらにして「積雪の多い土地の家づくり」を知っています。さらに湿度の高さなどの北陸特有の気候に精通し、この土地に最も適した永和住宅独自の木を活かした家づくりの研究に取り組んできました。また、木材から一貫した生産体制を敷いた家づくりも、福井の地で生まれ育った私たちのこだわりです。 禅の里・永平寺に育まれた永和住宅は、生まれながらにして「積雪の多い土地の家づくり」を知っています。
さらに湿度の高さなどの北陸特有の気候に精通し、この土地に最も適した永和住宅独自の
木を活かした家づくりの研究に取り組んできました。また、木材から一貫した生産体制を敷いた家づくりも、
福井の地で生まれ育った私たちのこだわりです。
  • 01
    ベタ基礎の上部に土台・大引を施工し、通し柱を建てた段階。※1階の床下地、構造用合板は建方完了後に施工します。
    image
  • 02
    1階の管柱、2階の梁組が終わった状態
    image
  • 03
    2階の管柱、小屋梁が架け終わった状態。※2階の床下地の構造用合板は建方完了後に施工します。
    image
  • 04
    屋根下地の母屋・屋根タルキが施工され、その上に屋根の野地板(構造用合板)が全面に張られた状態。
    image

永和住宅は国産檜にこだわります。総檜の館は、自然の香り漂う健康的で安全・丈夫な住まいです。

SENS

SENS工法

永和グループが住宅性能を高める為に開発したS.E.N.S.工法はプレカットした柱・梁などの木造軸組材を、永和夢創館にてMDF合板と組み合わせ、更にアルミサッシュ、透湿防止シート、外部胴縁、断熱材まで取り付けた最大横幅8mの一体化された耐震壁です。「木造軸組+耐震壁」の木軸の強さと耐震壁の面構造の2重の強さを発揮します。また、構造体の大部分を工場で製作する事で、現場での大幅な工期短縮及建築廃材の少量化も実現可能です。<br/>無駄な費用も抑える事もでき地球環境にも配慮し、地震大国である日本に最も適した強い新工法を開発しました。 永和グループが住宅性能を高める為に開発したS.E.N.S.工法はプレカットした
柱・梁などの木造軸組材を、永和夢創館にてMDF合板と組み合わせ、更にアルミサッシュ、透湿防止シート、
外部胴縁、断熱材まで取り付けた最大横幅8mの一体化された耐震壁です。
「木造軸組+耐震壁」の木軸の強さと耐震壁の面構造の2重の強さを発揮します。
また、構造体の大部分を工場で製作する事で、現場での大幅な工期短縮及建築廃材の少量化も実現可能です。
無駄な費用も抑える事もでき地球環境にも配慮し、地震大国である日本に最も適した強い新工法を開発しました。
  • 01
    ベタ基礎の上部に土台・大引を施工し、構造用合板を張りめぐらすことで、1Fの床剛性を高めています。その次に通し柱を建てた段階です。
    image
  • 02
    1階の大型耐震壁(エエ・イチロー)を納めていきます。※大型耐震壁:梁、柱耐力面材MDF 、外壁下地シート、アルミサッシが取り付けられた耐震壁。
    image
  • 03
    2階部分の大型耐震壁を納めていきます。2階の床下地にも構造用合板を張りめぐらし床剛性を高めています。
    image
  • 04
    屋根組みの下地を施工し、その上に構造用合板にて屋根面の剛性を高めていきます。この段階で、ほぼ外壁の下地は出来上がっており、仕上げ材のサイジングを張るのを待つのみ。
    image
  • 1mmの誤差も許されない高精密な先端加工技術と伝統工法に培われた匠の技の結晶。

    「エエ・イチロー」を構成する間柱、管柱、梁、桁などの組立ては、ミリ単位の誤差も許さない緻密なプレカット加工がなされています。

  • 接合部に木栓・ほぞの伝統技法を活かしています。

    耐震壁の接合部に木栓、ほぞに木を使う理由がここにあります。同質の素材を使う事で、接合部はしっかりと一体化し、もしもの地震の揺れにも素材同士の反撥や揺れによるたわみを防ぎます。何よりも強く、劣化しにくい木を使った伝統工法の強さは、地震国、日本の歴史的な建造物が数百年を経て現存している事実に証明されています。

  • 柱と梁を耐震性に優れた厚さのMDF合板で一体化。

    組み合わされた耐震壁枠をMDF合板で一体化し、壁・天井・床の六面体を構成します。地震の揺れや力を面全体で受け止めて、建物に加わる荷重を吸収・分散、単位面積あたりの荷重を大幅に軽減させる強靭な構造体を形成します。

  • 細部までにこだわる永和の高品質化。

    アルミサッシュ等を工場で取付けた大型耐震壁は、施工時の大切なお客様の家を雨風から守ります。全てに高品質化を目指す永和の大型耐震壁は厳しい品質管理体制の裏に一貫生産。各生産工程の中で厳密な検査と品質基準をクリアした製品だけが「エエ・イチロー」として命名されます。

S.E.N.S工法及び屋根施工方法の許可証・認定書。

製材からの一貫体制

製材から施工までトータルに。安定した材料供給にこだわりを持っています。

  • 製材工場
  • プレカット工場
  • 永和夢創館
  • 木材乾燥機

長期優良住宅

長期優良住宅とは、2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に定められた基準をクリアした住宅です。認定には、劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の各項目で基準値を超える必要があり、良い住宅を建てるためのひとつの目安になります。永和住宅は、この認定基準を得られる作り※になっています。減税効果も見込めるため、すまい選びのポイントとしてチェックしてください。また、各々の税の特例の要件についての詳細は、当社スタッフにお尋ねいただきますか、国土交通省、各地方自治体のHPでもご確認いただけます。 長期優良住宅とは、2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に定められた基準をクリアした住宅です。認定には、劣化対策、耐震性、維持管理・
更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の各項目で基準値を超える必要があり、良い住宅を建てるためのひとつの目安になります。
永和住宅は、この認定基準を得られる作り※になっています。
減税効果も見込めるため、すまい選びのポイントとしてチェックしてください。
また、各々の税の特例の要件についての詳細は、当社スタッフにお尋ねいただきますか、
国土交通省、各地方自治体のHPでもご確認いただけます。

【長期優良住宅認定基準(概要)】

  • 劣化対策 劣化対策
    数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
    通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少な くとも100年程度となる措置を実施。
  • 耐震性 耐震性
    極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を実施。
  • 維持管理・更新の容易性 維持管理・更新の容易性
    構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理 (清掃・点検・補修・更新)を容易であること。
  • 可変性 可変性
    居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措 置が講じられていること。
  • 高齢者等対策 高齢者等対策
    将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
  • 省エネルギー対策 省エネルギー対策
    必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
    住宅性能表示基準において「断熱等性能等級4」を満たしていること。
  • 居住環境 居住環境
    良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上 に配慮されたものであること。
  • 住戸面積 住戸面積
    良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
    少なくとも1の階の床面積(階段部分の面積を除く)が40m² 以上。
  • 維持保全計画 維持保全計画
    建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が 策定されていること。
    少なくとも10年ごとに点検を実施。

※認定を受けるには、別途申請費用が必要です。

お客様の「信頼と満足」のために。永和グループはコミュニケーションを大切にいたします。