テクノロジー・性能
TECHNOLOGY

永和住宅の家づくりは60年以上の豊富な経験で培った
⾼い技術によって⽀えられています。

永和の大型パネル工法 [S. E. N. S]

永和グループが住宅機能を⾼める為に開発したS. E. N. S ⼯法はプレカットした
柱・梁などの⽊造軸組材を、永和夢創館にてMDF合板と組み合わせ、更にサッシュ、透湿防⽌シート、
外部銅縁まで取り付けた最⼤横幅8mの⼀体化された耐震壁です。
「⽊造軸組+耐震壁」の⽊軸の強さと耐震壁の⾯構造の2重の強さを発揮します。
また、構造体の⼤部分を⼯場で製作する事で、現場での⼤幅な⼯期短縮及び建築廃材の少量化も実現可能です。
無駄な費⽤も抑える事もでき地球環境にも配慮し、地震⼤国である⽇本に最も適した強い新⼯法を開発しました。

製材から施工までの「一貫体制」

私たちは、県産材を活用したふくいの住まい支援事業を推進しています。

福井県の森林は全体面積の約75%で、洪水や水不足、土砂災害を防ぎ、県土を保全しています。県産材を利用することは林業を活性化させ、森林の整備を進めます。また、木材は再生産可能な循環資源として地球温暖化防止に大きな役割を果たしています。補助制度を利用し、県産材を活用した優良な木造住宅を普及することにより、地球温暖化対策の推進等、持続可能な目標を設定することで、これからも地域に暮らす一員としての役割を果たしていきます。

永和夢創館〔自社プレカット工場〕

永和グループでは自社製材工場から出荷されてきた木材を、徹底した品質管理のもと、自社プレカット工場「永和夢創館」の高度な先端加工と組立技術により、独自開発の大型パネルを生産供給させていただいております。
これにより、お客様の住宅すべての高品質維持と納期短縮によるコストダウンを実現しています。

定期的にバスによる見学ツアーを開催しています。

自社工場見学バスツアー

永和品質(住宅性能)

「長期優良住宅」普及への取り組み

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅のことです。当社ではより高い耐震性能を維持することにより、安心してより長く住み続けていただける住宅供給に取り組んでいます。

長期優良住宅認定基準(概要)

⻑期優良住宅 代金のご精算と同時に、鍵や備品、保証書のお引渡しをしてご入居となります。想いがかたちになった喜びを噛み締める瞬間です。新築のお祝いと感謝の気持ちを込めて、弊社よりささやかではありますが、記念品をお贈りしています。
耐震性 極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を実施。
維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理 (清掃・点検・補修・更新)を容易であること。
可変性 居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措 置が講じられていること。
高齢者等対策 将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
省エネルギー対策 必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
住宅性能表示基準において「断熱等性能等級4」を満たしていること。
居住環境 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上 に配慮されたものであること。
住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
少なくとも1の階の床面積(階段部分の面積を除く)が40m² 以上。
維持保全計画 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が 策定されていること。
少なくとも10年ごとに点検を実施。

永和の家は耐震等級3級

耐震等級とは、住宅性能表示制度および耐震診断により、建物がどの程度の地震に耐えられるかを示す等級。耐震等級は、建築基準法の耐震基準を満たせば「等級1」、その1.25倍なら「等級2」、1.5倍なら「等級3」となります。永和の家は最高ランク3級を満たす基準で建築しています。
また、耐震等級を取得した住宅は等級に応じて地震保険の割引が受けられます。

耐震性能への取り組み

「地域型住宅グリーン化事業」※の活用

当社では、省エネルギー性能や耐久性能に優れた木造住宅を促進する為の「地域型住宅グリーン化事業」を積極的に活用することで、環境負荷軽減を図りながら、福井の気候風土に適した住宅供給を推進しています。

※地域における⽊造住宅⽣産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため、中⼩住宅⽣産者等が、他の中⼩住宅⽣産者や⽊材、建材流通等の関連事業者とともに連携体制(グループ)を構築して省エネルギー性能や耐久性等に優れた⽊造住宅・⽊造建築物の整備及び⽊造住宅の省エネ改修を促進し、これと併せて⾏う三世代同居への対応等に対して⽀援を⾏う事業となります。

「省エネ住宅」・「ZEH(ゼッチ)※」への取り組み

安心して長く快適に住み続けていただく為に、断熱性・気密性・独自空調システム+太陽光パネル設置により、次世代省エネ基準対応住宅への取り組みを推進しています。

※ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

LINE
LINE
pagetop