ご来場予約

デジタル
カタログ

「京都散策」

こんにちは。設計部の山田です。

 

雪が降り始め、本格的に寒くなってきましたね。

少し季節外れなのですが、11月に京都に小旅行へ行ってきたお話をします。

京都市内を中心に散策をしていて、そのうちの1つで清水寺に行ってきました。

11月下旬は夜にライトアップされているということで気になり行ってみました。

 

ちょうど紅葉の見ごろだったのか、平日の夜にも関わらず境内は観光客でいっぱいでした。

紅葉のライトアップと舞台も綺麗だったのですが、特に見ていておもしろかったのは

清水の舞台裏でした。近くに行くと接ぎ木の構造がはっきり見えました。

現在の舞台は寛永10年(1633)に再建されたもので釘も使われていないそうです。

実際に舞台の上を歩いた時には全く揺れを感じず、優れた耐震性を実感しました。

 

 

日中の雰囲気とは違い、夜の参拝はなかなか無い機会だったので来れてよかったです。

また機会があれば他の建築物も回ってみたいと思います。

 

さて、今年も残りわずかとなりました。

まだ年末の大掃除が残っているので、気持ちよく迎えられるように身の回りを整理しようと思います。

みなさまも体調にはお気をつけて、良いお年をお迎えください。

「冬支度」

早いことに、もうタイヤ交換の時期が来ましたね。

今年は早めに動けず、混みすぎて来週にしか予約を入れられませんでした。

まだ降らないで…!と祈っている笹原です。

 

我が家では新しく子犬を迎え、それはもう毎日が荒ただしく、

日々を過ごしておりました。人間も色々いるじゃないですか。

犬も、色々ですね…。先代犬と、まったく違う…。

 

 

パリピで陽キャの白いプロテイン、爆誕!

むきむきでむちむち、無限体力。

犬「まだ遊べるんだが?」

という声が聞こえそうな写真が撮れました。

すいません、あの、寝てください………。

 

ほぼ毎日犬のベッド、毛布、マットの汚れ、

粗方手洗いしてから洗濯機に放り込んでいるのですが、

そのあと人間も疲れた体を温めたいので、冬場は特にお風呂が欠かせません。

前はエコキュートの配管を凍らせてしまったので、

今回はそのような事がないよう、気を付けたいと思います。

 

 

冷え込む日が続く場合は、お風呂の残り湯は捨て切らない!

(循環口の少し上くらいまで残す)

お湯側の蛇口を少し開けておく!

給湯温度を水に設定する!

よし!

「チームで繋いだリレーマラソン」

永和住宅 敦賀店営業の鈴木です。

 

秋といえば、スポーツの秋ということで、芝政リレーマラソンに参加してきました。

 

みんなでおそろいのTシャツをつくり、フルマラソンの部(1.8㌔×24周)を

16人でタスキをつないで挑戦!!

 

 

コースの高低差20m近くあり、はじめの4分の3は登坂で

限界まで太ももを追い込んだ上で、残り4分の1で20mの坂をいっきに

かけおりるので太ももへの負担は計り知れません。

 

途中、突風や激しい雨が降りましたが、

3時間53分で無事にゴール!

 

かなりしんどいマラソンですが、また来年挑戦したいと思います。

『敦賀赤レンガ倉庫』

こんにちは、敦賀店インテリアコーディネーターの白木です。

 

来春3月16日 北陸新幹線敦賀開業。

平成以降建設された新幹線駅の中で

駅舎日本一の高さ約37m・新幹線ホームが3階(21m)と話題になりました。

今回は駅舎コンセプトでもある「鉄道と港のまち敦賀」の歴史と深い関わりのある

敦賀赤レンガ倉庫付近を散策したので紹介したいと思います。

 

 

1882年(明治15年)に日本海側で初めて敦賀に鉄道が開通し、

港は1889年(明治32年)に外国貿易港に指定され、大陸ヨーロッパへと繋がる

国際都市として繁栄しました。

(当時の最短ルートは鉄道で新橋⇔敦賀⇔船でロシア

ウラジオストク⇔シベリア鉄道でヨーロッパへ)

それまで横浜・神戸から鉄道で輸送していた石油を日本海側から直輸入する為、

1905年外国人技師設計によりアメリカ会社の石油貯蔵庫として敦賀赤レンガ倉庫が建設されました。

 

赤レンガ倉庫の構造は、レンガ積み上げ構造に見えますが、実は木造。

木骨で支えている「木造小屋組瓦葺」、外部はオランダ製レンガを使用し「イギリス積み」

(レンガの長辺と短辺を1列ごとに組み替える強度の強い積み方)で施工されています。

 

中央入口開口部の上にあるアーチは「隠しアーチ」と呼ばれるもので、

開口部上部にかかる負荷を左右に逃すための仕組みです。

(写真のアーチ部分は装飾タイルとの説もありますが)

 

その後2009年には煉瓦塀が国の登録有形文化財に登録され、2015年に南棟レストラン館、

北棟がジオラマ館としてオープンし、観光地としても身近に感じられる場所になっています。

なかなか足を運ぶことがなかったジオラマ館ですが、今回『世界を旅するテディベア』との

コラボ企画もあり、オープン8年目にして初ジオラマ館へ。

 

明治初期から昭和初期にかけての敦賀の街並みを80分の1スケール(全長27.6m奥行7.5m)で

再現されており、カタカタと音をたてながら鉄道模型が走行し、

港に船が入港する100年以上前のレトロな敦賀の街並みを映像とともに体感することができました。

 

他にも気になりつつ、行ったことのなかった敦賀市立博物館(旧大和田銀行本店本館)へ。

当時の敦賀港の繫栄を象徴するレトロな洋風建築であり、

外観は重厚感のある左右対称な門構え、内装は大理石のカウンターに階段、

折上げ天井の装飾等も豪華で見応えがありました。

 

今回初めての場所へ足を運ぶと、新鮮な発見もあり、敦賀に住んでいながらも

観光気分を味わうことができました。

あと数ヶ月、新幹線開業を楽しみに待ち、敦賀にも多くの方が来られることを

期待したいと思います。

 

「宿」

こんにちは。今年入社しました新人の重田です。

入社してはや半年が経とうとしています。先輩方の設計を間近で体感し、

新たな発見の毎日です。

吸収できることはすべて吸収できるよう今後も頑張っていきたいと思います。

 

突然ですがAirbnbというサイトを知っていますか?

今回はそのサイトについてご紹介したいと思います。

簡単に言うと宿泊検索サイトです。一般の方でも運営者として宿泊施設を運営でき、

その施設を簡単に検索して予約できるものです。

魅力は、一軒家貸し切りや古民家リノベーション、

他の宿泊の方との交流ができる宿泊施設など様々なタイプがあることです。

私は、一軒家貸し切りや古民家リノベーションの宿泊施設を利用したことがありますが、

印象に残っているのはリノベーションをした古民家に宿泊したことです。

そこでは古民家ならではの今の住宅には見られない大きな梁や

昔ながらの空間を体験することができました。

新築もいいですが、リノベーションをしていいところは残しながら使い続ける良さを感じました。

旅行の際にホテル以外のいつもとは違う体験したいという方は

今回紹介したAirbnbを一度活用してみてください。

 

また、永和住宅でもRe:EIWAというリノベーション事業部があります。

今住んでいる住宅にこれからも住みたい、残したいものがある。

しかし、生活していくうえで古くなってきて不便なことが多いという方は

是非一度お気軽にご相談ください。

 

まだまだ暑い日が続きますが体調にはお気を付けてお過ごしください。

「日本最大の」

こんにちは。インテリアコーディネーターの清水です。

 

先日、勝山市にある越前大仏に訪れました。

インスタグラムで福井の観光スポットとして紹介されており、

越前大仏というものが福井にあることを初めて知りました。

 

想像以上のサイズ感で、例えるとキングダムの秦国、王宮のような世界観でした。

自分がその時代にタイムスリップしたかのような感覚が得られるくらい、

建物の造りが立派でした。

法堂が一番奥にあり、手前に間隔をあけて2枚門があり、法堂から2枚の門が

一直線上に配置されていました。

門から法堂まで左右に廻り廊下が繋がっているような形でとても圧巻でした。

 

法堂に入るととても大きな座像があり、

奈良の大仏より2mも大きい17mで日本最大の大仏だそうです。

日本最大というのが少し誇らしいですね。

また、脇に5重の塔のようなものがあり最上階まで登れるようになっていました。

高いところが得意な方はぜひ登ってみてほしいです。景色がとてもきれいでした。

 

インスタグラムでおすすめされていたのは、

壁一面に大小多数の仏像が配置されている写真で、

建築の仕事をしているせいか、どうやって仏像を何メートルも上に持ち上げたのか

気になってしまいました。

 

普段は昔の建築物にあまり感情を動かされないタイプなのですが、

越前大仏はすごく感動しました。

これを機に奈良や京都に訪れて様々な建築物を見てみたいと思います。

「集めてしまうもの」

小浜店営業の田中です。

今回のプラグでは好きで集めてしまうものについて

お話ししたいと思います。

 

それは「手ぬぐい」です。

え、手ぬぐいなんて今時使わないでしょ、

とかお年寄りの方が使用するイメージを持たれている方が

多いかと思います。

 

いやいや、そんな事はないです。

手ぬぐいは万能なんです!

最近の手ぬぐいはデザインも豊富ですし、

ちょっとした場面で役に立ちます。ハンカチ代わりやスカーフ、小物を包んだり、

少し大きめの手ぬぐい(風呂敷)だと手さげ代わりにもなります。

すぐ乾くというのもお気に入りの理由です。

以前行ってまた伺いたいてぬぐい屋さんを紹介します。

『暮らしと手ぬぐい 瑞乃和』さんです。

URLも添付しておきます(*^-^*)(https://www.mizuno-wa.net/)

お店の雰囲気が良くとても居心地が良くとても居心地がよかったので、

よければ皆様も一度足を運んで見て下さい。

 

最後に来月9月16日(土)・17日(日)に永和グループの工場見学を開催致します!

ワークショップや体験イベントも企画しておりますので是非ご家族皆様でお越しください。

「モデルハウス Sui-粋-」

こんにちは、総務部の宮下です。

毎日暑い日が続きますね。

 

先日かがやきガーデン二の宮に新しくモデルハウスが完成したということで見学に行ってきました。

今回はモデルハウス「Sui-粋-」のご紹介をしたいと思います。

 

見学の日もとても暑く、外に数分もいることが出来ないような日でしたが、

モデルハウスの玄関に入った瞬間、

え、涼しい❕ という驚きの第一声でした。

これは全館空調システム「ココチア」のおかげとのことで、

ぜひ実際に体感していただきたいと思いました!

暑い日や寒い日こそ性能の良さ、価値が分かりますね。

↑床に吹き出し口があり、ここからエアコンの風が出てきます

 

家の森にある白樺並木展示場や杉木立展示場、

その他 坂井展示場(坂井市)、敦賀展示場(敦賀市)もぜひご覧いただきたいのですが、

こちらのモデルハウスは大きさが約30坪と単世帯でお住まいには

ちょうどいい大きさなのではないでしょうか。

30坪ってこれくらいなのか、もう少し小さくても、もう少し広い方が、など

体感し検討するのにもお役に立てるかと思います。

 

素材にこだわった内装で、木をふんだんに使っており、

永和住宅らしさを感じるモデルハウスとなっておりました。

こだわりポイントがたくさんありますので、ぜひ弊社担当へ聞いてみてくださいね!

予約はこちらのフォームから承っております。

↓↓↓

かがやきガーデン二の宮 新展示場

 

お気軽にお越しください!

「緑のある暮らし」

こんにちは!今年入社しました営業の上田です。

現在入社して4ヶ月ほど経ちましたが、頼もしい先輩方からたくさんのことを学ばせていただいています。

これから大変なことも多々あると思いますが、日々努力し、成長していけるよう頑張りたいと思います。

 

最近親戚に観葉植物をもらい、ガーデニングにはまっています。

今はポトスとモンステラを育てています。

私はまめなタイプではないので、毎日お水をあげるのが面倒くさくなったりします(笑)

ですが、観葉植物は毎日水やりをしなくてもいいのでとても育てやすいです!!

 

観葉植物にはたくさん効果がありますが、その中の3つご紹介します!

・空気清浄(植物には有害な物質を吸収してくれる効果があります)

・加湿効果(葉植物は水分調節を自らおこなっています)

・リラックス、疲労軽減(観葉植物の緑色は目への負担を減少させ、目の疲労緩和にも効果があります)

 

観葉植物にはこのような効果があります!

ぜひ観葉植物を取り入れてリラックスできるおうちを作ってみてください!